帯状疱疹にバルトレックス

バルトレックス500mgの写真と体調が悪い男性のイラスト

バルトレックスは帯状疱疹の治療薬です。帯状疱疹は子供の頃にかかる水疱瘡のウイルスが神経の付け根に残り、体調が悪いと活性化され帯状疱疹として現れます。痒みや痛みのある皮膚病です。

帯状疱疹にバルトレックス

帯状疱疹は子どもの頃にかかる水疱瘡のウイルスが原因で発症する病気で、体の至る所に痛みのある帯状の水ぶくれや発疹を作り、痒みや熱、痛みを伴います。原因のウイルスは水痘・帯状疱疹ウイルスと呼ばれるヘルペスウイルスの一種で、子どもの頃に発症して治ったとしても、ウイルスは消えずに体内の神経細胞に潜伏していることがほとんどです。通常では再発しませんが、加齢によって免疫力が低下したり、過労、病気などにかかると、ウイルスが活性化して神経や皮膚を攻撃します。年代に決まりはなく、いくつになっても発症しますが、最も多いのは高齢者で、50歳以上で発症する人は約70%となっています。皮膚だけでなく神経にも攻撃するため、チクチクとした痛みを伴い、胸から背中にかけて帯状の症状が現れますが、中には顔や手足に症状が出ることもあります。帯状疱疹は放置すると皮膚が炎症を起こし跡が残るほど荒れたり、重症化して激しい痛みを感じることがあるため早めの治療が重要です。ヘルペスウイルスに最も効果的な治療薬はバルトレックスと呼ばれる抗ウイルス薬で、ウイルスの複製を阻害することで増殖およびそれに伴う症状を抑えることができます。帯状疱疹だけでなく、ヘルペスウイルスに関する症状は、ウイルスが神経細胞に潜伏する可能性が高く、基本的には完治することがありません。そのため、何かの拍子に再発する可能性がありますが、バルトレックスを早めに服用すればそれだけ早く症状を静めることが可能となります。再発する頻度は個人差がありますが、年に数回は症状が出ることもあるので、バルトレックスによって治療した後は、再発予防を目的として購入する人もいるようです。

バルトレックスの薬の効果について

バルトレックスは、イギリスに本社を置く世界第6位の製薬会社グラクソスミスクラインが製造販売する医薬品であり、DNAポリメラーゼ阻害作用とDNA合成阻害作用を有するバラシクロビルを主成分とする抗ウイルス薬です。
ヘルペスウイルスは、人間の神経節細胞との親和性が高いエンベロープと呼ばれる外膜に覆われている為に神経節細胞に寄生し易く、寄生後はエンペロープ内のカプシドに覆われたウイルス遺伝子が放出され、環状構造の遺伝子として神経節細胞に潜伏します。しかし、体調不良や性的刺激、過剰なストレスの蓄積などにより宿主の免疫力が低下するとヘルペスウイルスは再活性化し、酵素であるDNAポリメラーゼの効果によりDNAのコピーを行い増殖します。バルトレックスは、DNAポリメラーゼの効果を直接阻害する事によりDNA増殖を抑制するだけでは無く、休眠状態のヘルペスウイルスの再活性化を抑制効果があり、再発抑制療法に用いられています。又、バルトレックスのバラシクロビルは、酵素チミジンキナーゼの働きにより3リン酸化される事でDNAを構成するデオキシグアノシン3リン酸と類似した構造のアシクロビルとなり、ヘルペスウイルスがDNAを複製する際にデオキシグアノシン3リン酸と置き換わり、ヘルペスウイルスの正常なDNA複製を阻害する効果もあります。バラシクロビルは、ウニの独特の苦味の原因とされるバリンをゾビラックスの主成分であるアシクロビルにエステル結合させたプロドラッグであり、肝臓でアシクロビルに変換することで吸収効率や生理学的利用能が高くなっており、服用回数も1日3回から5回のアシクロビルに対して1日2回から3回と少なくなっています。

帯状疱疹の原因と発症、治療はバルトレックス

帯状疱疹とは、身体の片側にだけ赤味やぶつぶつ、水ぶくれが出来て痛みを伴う病気です。これは子供の頃に一度はかかったことがある人が多い水ぼうそうの原因となるウイルスのせいです。子供の頃に水ぼうそうになったけれどちゃんと治癒したと思っているかもしれませんが、それは間違いです。水ぼうそうのウイルスは治癒したように見えても人間の神経節というところに隠れ、休眠しています。現在の医療では神経節に潜んでいるウイルスを殺菌することは出来ないと言われています。そのまま何年でもウイルスは神経節に潜んでいるのですが、何らかの原因で人間の免疫力が落ちてしまうとそのタイミングでウイルスが神経節から出てきて活動を始めます。神経節から出てきたウイルスは神経節に沿って活動を始めるため、強い痛みが生じてしまうのです。一度水ぼうそうにかかったからと言って「いつか帯状疱疹になるのでは?」と心配する必要はありません。発症する人は加齢によって体力が落ちている人がかかりやすくなり、50代以上の人が患者の約70%を占めています。発症してしまう原因は加齢だけではありません。他にもストレス、疲労、睡眠不足などで免疫力が下がってしまった場合にウイルスが活動を始めやすくなります。そのため、免疫力が高ければ、ウイルスは神経節から出てくることは出来ません。予防策としては、しっかりと栄養と睡眠をとり、免疫力を低下させないようにすることが一番重要なのです。多くの人は帯状疱疹の発症は一度きりですが、中には何度も繰り返す人が居ます。免疫力を低下させないように気を付けるようにしましょう。万が一帯状疱疹を発症してしまった場合には、バルトレックスを処方されるのが一般的です。初期の段階で服用することで早めに症状を緩和することが出来ます。
■性感染症の薬は通販で
コンジローマ
■バルトレックスでは治らないクラミジアになった時はこの成分の配合薬を
ミノサイクリン
■ヘルペスはバルトレックスで治りますがそれ以外の病気にも気を付けましょう
エイズ 検査